スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイルランド旅行記録 6 【中世商人の家ロス・ハウス:キルケニーにて】

★アイルランド旅行の思い出を気持ちのままに書き綴ります。

キルケニーデザインセンターを後にして、キルケニーの街をぶらぶら歩く。
中世的雰囲気を残しているといわれている街だけあって、路地とかが魅力的。
何か良い雑貨があればいいなという気持ちで、お店ものぞいてみたいと思うが、
bank of holidayのため空いていないお店もある。

通り沿いに古い石造りの建物があり、お土産などが置いてあるお店かと思ったら、
建物にも入って中を見学できるらしい。
お土産を売っているおばあちゃんからチケットを買って、お土産物屋を通り抜けて建物の中庭へ。

これは、中庭の様子。石造り。緑の扉がかわいい
kilkeny_06.jpg

ロス・ハウス(Rothe house)
16世紀の商人ジョン・ロスによって建てられた家。
奥さんと12人の子供たちが住んでいたらしい。
現在は博物館となっている。

キルケニー城を見てきたばかりなので、石造りではあるものの木を多用していて
やはり庶民の家という感じ。
京都の町屋みたいに、細長い作りになっていたらしいが現在は工事中で
一番通り沿いの家しか見学はできなかった。

壁は石造りで白塗りになっている。床は木。屋根も木のようだった。
写真奥の階段から屋根裏のような所に上がれたが、木の床が波うっていてちょっとこわかった。
kilkeny_07.jpg

ロス・ハウスは赤枠で囲われた部分。京都の町屋っぽく入口は狭く細長い敷地。
kilkeny_08.jpg

一通り見て、入口のお土産もの屋に戻る。
受付のおばあちゃんが、白髪の上品なおばさまとおしゃべり中。
「庭も見るといいわよ。庭の場所は分かる?」と聞かれる。
庭があることも分かっていないので、「分かりません」と答えると
白髪の上品なおばさまが、じゃあ私が案内するわよと言ってくれた。

本来はロス・ハウス自体から庭に行けるはずなのだが、今は工事中なので行けないということや、
庭は近所の人で手入れしていることなど色々お話してくる。
英語ではあまり言いたいことが言えないのがもどかしかったが、
庭まで連れてきてくれたことを感謝して、別れる。

庭は本当にすぐ近くだったが、路地に入った先にあったから
案内してくれなかったら通り過ぎてしまったことだろう。
庭には人はいなくて、とてもおだやかな雰囲気。

kilkeny_09.jpg

手前はいろんな野菜を植えている畑。
以前駐車場として使われていたところに、17世紀の頃のお庭を再現しようとしているまっさい中。
庭自体はまだ作られてそんなに時間が経っていないため、とってもきれい。

kilkeny_10.jpg

これは桜。
17世紀当時もこのような形に、壁にきれいに枝をはわせていたみたい。
成長したらどんな風になるのか、興味がわく。
kilkeny_11.jpg

果樹園も。添え木がしてあるのはみんな果物の苗木。
いろんな種類が植えてあって、これからが楽しみ。
variety of fruit and nut trees
kilkeny_12.jpg

空が広く。静けさが広がる空間。
ベンチもあったので、しばらくゆっくり。

空間自体ももちろん素敵だったのだけれど、白髪のおばさまに色々お話を聞けたのがよかった。
おばさまはじめ、近所の方が17世紀の庭を復活させようとしている心持ちを思うと
なんか気持ちがあったかくなります。


★キルケニー編まだ続きます。。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

たま

東京都練馬在住。
Webディレクターを生業としています。
日々の気づきを綴っていきたいので、日々ブログとしました。
時々、大好きなアイルランドのことも。。。

日々の料理は別ブログにまとめています。
★練馬野菜日記

Twitterでもまれにつぶやいてます。

最近の記事
カテゴリー
グリムス
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。