スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手しごとを結ぶ庭

手しごとを結ぶ庭手しごとを結ぶ庭
(2006/10)
稲垣 早苗

商品詳細を見る


川越に行く時、電車の中で読む本を選びました。ふと手にとったのがこの本。
アートな街という印象もあったので、手作りのものを扱っているこの本が目にとまったのかもしれません。

普段の私の生活では会えない、「ものを作る」ということを大切にしている人たち。日々の仕事を、ビジネスやお給料をもらう手段としてではなく、生活の一部として暮らしている人たちの本でした。

暮らしのリズムと仕事が結びついている暮らし方。染物をしたり、土を焼いて焼き物を作ったり。籠を編んだり。作者の稲垣さんの語り口が、愛にあふれてやさしいから、だけではない。ものを作るということ、生活に必要なものを作るということに惹かれるのは、たぶん私の特徴的な性質。

民芸や、盛岡であった染物や、アイルランドで出会ったニット。これまでも印象的な出来事として記憶されている欠片。

この本はビジネスに傾きすぎていた私の心を、本来私が自然と向いていく「暮らし」や「生活に根ざした」もののことを、思い出させてくれました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

たま

東京都練馬在住。
Webディレクターを生業としています。
日々の気づきを綴っていきたいので、日々ブログとしました。
時々、大好きなアイルランドのことも。。。

日々の料理は別ブログにまとめています。
★練馬野菜日記

Twitterでもまれにつぶやいてます。

最近の記事
カテゴリー
グリムス
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。