スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイルランド旅行記録 11 【B&Bの朝食、アデアなど】

★アイルランド旅行の思い出を気持ちのままに書き綴ります。

アデア近郊のファームハウスでの朝食。
伝統的なアイリッシュブレックファスト。窓の外には広い緑の牧場。
ゆっくりとした気持ちで食べることができました。


ブラックプティング、トマト、ベーコン、ソーセージ、目玉焼き。
肉関係は、日本ではあまり食べる機会がないボリュームのあるもの。塩味もきいている。
limlick_09.jpg

レースのテーブルクロスやテーブルウェアも素敵。
limlick_10.jpg

ホームメイドのブラウンブレッド
limlick_11.jpg

薄いトースト。トースト立てがかわいい。
limlick_12.jpg

洋ナシやブドウなど様々なフルーツ。ただフルーツを混ぜてあるように思えたが、
とても香りがよくて癖になる味でした。
limlick_13.jpg

朝食後は、B&Bのおかみさん自らが、アデアまで車で送ってくれました。
あいにくの雨模様ですが、緑がきれいです。
アデアはかつて、アイルランドで一番かわいい村コンテストで優勝した村。
かやぶき屋根の建物もいくつか残っている。
散策しながら、雑貨やお土産など購入。
車が多く走っていて観光地化されている感じだったが、今ものどかな雰囲気は残る。

limlick_14.jpg

アデアは思ったより小さな街だったので、バスでリムリックに向かう。
リムリックはアイルランド第3の都市ということで、大通りがありお店もたくさん。都会です。
アイルランドの中では少し治安が悪いと言われているが、その感じは少しわかりました。
ダブリンに比べると、道路のコンクリートなどがデコボコしていて落書きとかもある感じ。
ケルト関係の本が置いてある古本屋さんや、美術館のミュージアムショップなどを巡りました。

★次回はアデアに戻ってハブでの夕食など。。
スポンサーサイト

アイルランド旅行記録 10 【ボンラッティ城、民芸村】

★アイルランド旅行の思い出を気持ちのままに書き綴ります。

B&Bの娘さんの車の運転でボンラッティ城到着。
ボンラッティ城は、ボンラッティ民芸村の中にあります。
民芸村は100年前のアイルランドの住宅や生活環境を再現しているところ。
お店で工芸品も買うことができるし、お城では中世晩餐会。民芸村の納屋では伝統音楽とディナーが楽しめる。
日本でいうと、各地にある民家園なんかと似たような雰囲気かな。

まずはボンラッティ城を見学しました。
貴族が住んでいた城というより、要塞という感じ。
細い階段を登りながら各部屋を見学。お姫様の部屋も、騎士の部屋も家具は豪華でもこじんまりとしていました。
中世晩餐会が開かれるという、大広間は大きかったです。
また、大広間で案内してくれるガイドさんの服装がケルトっぽくてかわいかったです。
limlick_05.jpg

城のあとは民芸村を見学。
日本にある民家園と同じく、広い敷地に昔の住居が再現されている。
当時使われていたベットやダイニングセットなども置いてある。
暖炉と煙突もあって、ピート(泥炭)を燃やしています。
お店になっているところもあって、ウールの毛糸や素朴な陶器、アイルランドらしい雑貨類などが売っていて
見るだけでもとても楽しい。
水車小屋があったり、本物の豚や羊、馬などもいてのんびりしている。
約100年前のアイルランドの様子を再現している民芸村だというが、
今の暮らしともつながっている暮らし方を再現しているんだなと感じました。

limlick_06.jpg

夜は、この民芸村の納屋でアイルランドの伝統音楽とアイルランドの伝統料理のディナーです。
これが、ディナーが開催される納屋。

limlick_07.jpg


ディナーは食前酒[ミード(アイルランドに古くからある蜂蜜酒)またはアイリッシュリキュールのベイリーズ]から始まり、じゃがいもをゆでたのや、サーモンまたはアイリッシュシチュー、アップルパイなどアイルランドの伝統料理と言われるもの。
給仕をしてくれる人が、合間にダンスや歌を披露してくれる。
ダンスもして、給仕もするなんてとっても忙しい。
セットダンスもあり、ホウキダンスもあり、モダンアイリッシュダンスもあり、ソロの歌披露もありと盛りだくさん。映画「ロードオブザリング」のイライジャ・ウッドに似たカッコイイ男の子もいました♪
limlick_08.jpg


★次回はアデアとリムリックの街をめぐります。

アイルランド旅行記録 9 【B&B到着:リムリックにて】

★アイルランド旅行の思い出を気持ちのままに書き綴ります。

8:23発、キルケニー発リムリック行きの鉄道に乗る。
朝早かったため、B&Bの本格朝食を食べれなかったのは残念だった。
素敵なダイニングでシリアルのみの朝食。
約半日の電車旅。
窓の外からは、常に緑の景色が広がっていました。

limlick_01.jpg

リムリック到着後、まずは今日泊まるB&Bへ向かうことに。
B&B到着後、日本からディナーの予約をしたボンラッティ城に向かわなくてはなりません。
交通の便が悪そうなところなのでちょっと心配。
でも、行くしかありません。

リムリックの宿は交通の便よりも、雰囲気がよさそうな場所ということで
アイルランド一かわいい村に選ばれたこともあるアデアの近く。
タクシーに乗って、運転手さんに連れていってもらうことにしました。
つたない英語でなんとか説明しようとしますが、場所の特定ができないようです。
とにかくアデアに向かう幹線道路に出てもらって、運転手さんがB&Bに電話をしてくれて
なんとか辿り着くことができました。
親切な運転手の方でよかった。。


到着したB&B。farm houseというカテゴリになっていて、農場もやっているようでした。
limlick_02.jpg


B&Bのおかみさんは、タクシーから電話があったからか外まで出迎えに来てくれていた。
おかみさんは、おばあちゃんという雰囲気。
まずは2階の部屋に案内してくれて、1階でお茶でもどうかと声をかけてくれました。
B&Bでお茶をすすめてくれるなんて、アイルランドの昔ながらの感じそのもの。
部屋の中もアンティークで統一されていて、とってもロマンティックで期待以上です。
limlick_03.jpg

1階のお部屋でお茶をいただきました。
ミルクもたっぷり入れてミルクティーに。
limlick_04.jpg

お茶をしながら、おかみさんとこれからの予定などお話しました。
車は持っていないこと、その日はボンラッティーでディナーを予約していることを伝え
タクシーで行くつもりだということをお話。
あまり英語が通じないのでもどかしい。

すると、ボンラッティは遠いから娘さんに車で送らせましょうと言ってくださる。
いえ、大丈夫と断ろうともしたのだが、大変ありがたいことなのでお願いしてしまう。
ボンラッティは遠いしタクシーでいくとすごく高くなってしまうしよくないと思っていらっしゃるようだ。

しかもなぜかボンラッティ城のディナーの予約までしてくれようとした。
(もう予約済みだったのだが、英語が通じていなかった模様)
車で送ってくれるだけでなく、予約まで!ほんとうに至れり尽くせりな感じ。
お客ではなく孫が来たのかと思うように優しく気を遣ってくださる。

娘さんといっても、40歳は過ぎているかな?
おかみさんとは違って、さっぱりとした男らしい雰囲気。
もう14時を過ぎていたので、早速娘さんの車でボンラッティへ送っていただきました。

★次回はボンラッティ城の中を巡ります。



アイルランド旅行記録 8 【キテラーズ・イン:キルケニーにて】

★アイルランド旅行の思い出を気持ちのままに書き綴ります。

聖カニス大聖堂を見た後もキルケニーの街をぶらぶら。

石造りの路地に入ってみたり、歩くだけでも楽しい。
kilkeny_19.jpg

日が長いから外はまだ明るいけど、夕飯の時間なので「キテラーズ・イン」というパブへ。
ここはかつて、魔女がいたとされるパブ。
看板もさすがの、黒猫。
kilkeny_20.jpg

1階の暖炉のそばの席に案内された。
背後の暖炉には、魔女とおぼしき人形が。。。
あまりにも人形なので、全然こわくない感じ。内装は石造りでにぎやか。
そこまでおなかはすいていなかったので、スープとパン、サラダを注文。
飲み物はギネスとベイリーズにしました。
kilkeny_21.jpg

楽器を持った人が出入りしている雰囲気があって、何か音楽イベントが開催されるらしい。
防音しているのか、ズン、ズンというベース?の音ばかり聞こえてきます。

よくよく聴いてみると、地下で始まった音楽はエルビスプレスリー。
アイリッシュミュージックが始まるようだったら、ちょっとのぞいてみたいと思っていたので、残念。

その後、川沿いを散歩しながらB&Bへ帰ったのですが、
エルビスプレスリーのビートは、ずっとずっと続いていました。
アイルランドに来ても、いつもアイリッシュミュージックが聴けるとは限りませんよね。。

kilkeny_22.jpg


★次回はついに、キルケニーからリムリックへ向かいます。

アイルランド旅行記録 7 【大聖堂の庭で:キルケニーにて】

★アイルランド旅行の思い出を気持ちのままに書き綴ります。

ロス・ハウスのお庭を見た後、キルケニーの街をブラブラ。
教会のような建物にかわいらしい男の子たちが入っていく様子につられて、中に入る。

kilkeny_13.jpg

男の子たちは、教会の庭であるお墓で水鉄砲遊び。
なんとも、のどかな風景です。

kilkeny_14.jpg


この教会は、ガイドブックによると「聖カニス大聖堂」。
キルケニーという街の名前は、「聖カニス」という意味をあらわすゲール語。
街の名前の語源となった由緒ある協会なのです。

写真では明るいですが、もう17時過ぎ。
教会の入り口は閉まっていて、中に入ることはできませんでした。
もっとも残念だたったのが、「ラウンドタワー」に登れなかったこと。
その名の通り、タワーなのですが11世紀に建てられた古い建造物。
タワーの一番下に上り口がついていましたが、扉はもう固く閉じられていました。

kilkeny_15.jpg

教会やタワーの中には入れなかったものの。
教会のまわりにあるお墓だけでも、私は大興奮でした。
様々な形、種類のケルティッククロス、聖櫃と思われるものには聖杯の絵柄が描かれています。
しかも、墓もいい感じに古くて斜めになっていて、緑の草むらとのコントラストも美しい。。
この旅行の中で一番多くデジカメのシャッターを押したかもしれません。

大聖堂のステンドグラス裏と、古びたお墓。
kilkeny_16.jpg

ケルティッククロス
kilkeny_17.jpg

聖櫃?と聖杯?らしきもの。
kilkeny_18.jpg

ほんとうに幸せなひと時でした。

★キルケニー編まだ続きます。。
プロフィール

たま

東京都練馬在住。
Webディレクターを生業としています。
日々の気づきを綴っていきたいので、日々ブログとしました。
時々、大好きなアイルランドのことも。。。

日々の料理は別ブログにまとめています。
★練馬野菜日記

Twitterでもまれにつぶやいてます。

最近の記事
カテゴリー
グリムス
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。